case

【同志社大学院ビジネス研究科】英語でのMBAプログラム

日本のビジネス・スクール教育での問題点の一つが、優秀なビジネス・パーソンを輩出しても英語力が伴わずにグローバル・ビジネスに従事できない人材の点が挙げられます。

講義が全て英語で実施されるビジネス・スクールとして東日本地域では筑波大学大学院国際経営プロフェッショナル専攻が有名ですが、西日本地域では同志社大学大学院ビジネス研究科が講義を全て英語で実施するコースを設立されています。

添付は、2020年9月入学に向けての説明ビデオとなっていますが、来年度以降の入試をお考えの学生様にとっても有益なビデオとなっております。また、英語でのMBAコース(略称GMBA)の在学生の多くは留学生ですが日本人の方でも入学可能となります。
尚情報までにお知らせしますが、Round7(国内出願最終ラウンド)出願締め切りは6月10日となっています。

英語での2年間の修士教育を受けており、更に海外大学院へ進学する場合はTOEFL等の英語スコアが免除になります。
それ程に英語で教育を受けているという点は海外では評価を受けます。
是非、西日本の在住で通学可能な方にはご検討頂きたくお願い申し上げます。

<グローバル経営研究専攻-Global Business and Management Studies->の入試説明ビデオを今回ご紹介させていただきます。
現在YouTube/Facebookにて視聴可能です。

DBS GMBA Info Session 2020 Part 1
https://youtu.be/1hpp5oPA078

DBS GMBA Info Session 2020 Part 2
https://youtu.be/vysSh1qRdkE

※下記のFacebookページにも掲載されています。
https://www.facebook.com/DoshishaGlobalMBA/

HP(日本語でのMBAプログラム): https://bs.doshisha.ac.jp/
HP(英語でのMBAプログラム):  https://gmba.doshisha.ac.jp/en/

  • (歳)
  • 合格年度:
  • 氏名:
  • 性別:
  • 学校名

一覧へ戻る