BLOG

2019.06.11

押久保政樹

商工ジャーナル6月号に寄稿しました

商工ジャーナル6月号 オリンピック・パラリンピックを支える金メダル企業
にて取材を担当させて頂きました。

確かな技術力で世界に挑戦するものづくり企業を紹介しています。
機会がありましたらお手に取ってお確かめください。

2019.06.03

押久保政樹

小論文参考書 発売のお知らせ

『国内MBA入試対策 小論文対策の論点 ~小論文を構想する~ 長文・グラフ・会計問題の視点から』が発売となりました。
各種実例を基に回答する際に意識すべきポイントをまとめています。
受験生各位におかれては是非お求めください。

2019.04.16

押久保政樹

CIGS 櫛田博士セミナーに参加してきました

本日、一橋講堂にて開催されたCIGS主催スタンフォード大学 櫛田博士のセミナーに参加してきました。
当校代表の濱口が社長を務める日建産業では氏の
Stanford Silicon Valley – New Japan Projectを支援しています。
テーマはAI 革命についてでして、今シリコンバレーで何が起こっているのか生のレポートを伺うことができました。
技術面の話というよりも経済・経営的な側面からAI 革命の本質に迫る内容でした。
端的に言うとビジネスに落とし込む際、「AIで何ができるのか」というよりも「誰がAIで何をするのか」という切り口の方が価値を産みだすということです。
例えばGoogle マップユーザーの位置情報をトラッキングすることで交通混雑状況をリアルタイムで把握することが出来ますし、そこにAIを用いると運送効率を上げることが出来ます。
個別の技術に着目するより、大きなストーリーを描くことの重要性を実感しました。
イノベーション用語はマジックワード化しがちなので、こうした地に足がついたビジネスについて議論を行うことが重要だと考えます。

2019.04.09

押久保政樹

ゼミについて

新年度になったのでゼミを開催しています。
ゼミでは何をやっているかというと、その人を知るということです。
現在どのような状況なのか、何に興味があるのか、将来どうなりたいのか。直接会って話す方が伝わるだろうと考え開催しています。
普通に生活していると考えを棚卸する機会というのは意外とないものです。
何度も話を聞く機会がある私で分からなければ面接官にも当然分かりませんし、へたをすると本人も分かっていません。
対話することでその人の在り方を明確にするために当校は存在するのかなと思います。

見学は随時受け付けているので興味をお持ちになられた方はご連絡ください。

2019.03.05

押久保政樹

商工ジャーナル3月号に寄稿しました

商工ジャーナル3月号 特集:廃校を地域ビジネスで生かす
にて取材を担当させて頂きました。

近年、文部科学省が「みんなの廃校」プロジェクトを立ち上げるなど廃校活用に注目が集まっています。
廃校活用はビジネス面でのメリットも多く、地方創生の鍵になる可能性を秘めています。
機会がありましたらお手に取ってお確かめください。

2019.03.04

押久保政樹

平成30度合格祝賀会・OB懇親会を開催しました

週末に平成30度合格祝賀会・OB懇親会を開催しました。
当日は当校OBによるキャリア形成に関する基調講演、代表によるシリコンバレー視察の報告などMBA取得後を見据えた話をさせて頂きました。
ビジネススクール在学生と新入生の間で活発に情報交換が行われ、ネットワーク作りにも役立ったかと思います。

当校の最終目標は有為な人材を育成しビジネスを振興することにあります。
学生の皆様におかれましては、これからはMBAで学ぶ内容をどのように活かすかが重要になります。
自分から働きかけることで可能性は無限に広がりますし、逆に受身で得られるものは何もありません。
皆様が人生を切り開いていくにあたり、当校のリソースを役立てる機会があればいつでもお声かけください。
NIKKEN MBA lab.は生徒・OBと共に成長する学校でありたいと考えています。

 

 

2019.02.04

押久保政樹

研究計画書の書き方について

MBA受験の参考書を読んでいると、研究計画書の書き方と銘打って文章術指導に終始するものが多々あります。
どうにもマスプロダクツ的な発想だなと思います。
これは受験生側の意識の問題もあって、分かり易くノウハウ本的な内容を求めているのだと思います。
残念ですが、まずそうしたアプローチでは合格する研究計画書は書けません。

 

そもそも大学院に入学してまで研究をしたいのだから一に二にも中身ありきでしょう。
ということで研究計画書は何よりもテーマ設定が大事になりますし、志望動機〜研究内容〜将来計画の一貫性が重要になります。
研究テーマの新奇性、研究手法の良否については個別に見ていくしかありませんし、その妥当性を測れるのは大学院レベルの研究者しかいません。
そうした教育者の下で個別で指導を受けるのが確実な対策だと考えます。

 

最後に宣伝になってしまいますが当社の書籍を紹介いたします。
どのような水準の研究計画が求められているのか、テーマ設定に際しての考え方を実態に即して記載してあります。
単に文章の体裁を整えたいということであれば本多勝一(2015)「日本語の作文技術」がお勧めです。

 

2018.12.19

押久保政樹

海外大学院について

今回はエクストラ記事です。

MBAを検討する際に気になる海外大学事情。ちょうど友人が英国のグラスゴー大学大学院(The University of Glasgow)に留学中なので色々尋ねてみました。蒸気機関の父ジェームズ・ワット、国富論のアダム・スミスを輩出した名門です。専攻は会計修士(MAcc)。

取材協力:公認会計士K

 

Q.進学を決めた理由

A.多くの最先端の会計理論・実務は、欧米の研究者・実務家から発信されている。日本では手に入りにくい研究資料へのアクセスを期待。欧州では一年で修士課程が修了するのも魅力。

 

Q.勉強内容について

A.財務会計、管理会計、ファイナンスはもちろん、監査論、コーポレート・ガバナンス、環境会計、会計倫理など、より専門的な分野まで学べる。

 

Q.受験対策について

A.受験はないが、指定の英語試験で要求水準を満たす必要があるため、その対策は必要。また、大学での一定水準以上の成績が求められる。さらには志望動機書、職務履歴書、推薦状で総合的に合否がきまる。

 

Q.留学生は何割くらい

A.ビジネススクールの修士課程はほぼ留学生と思われる。中国人が多い(数年前から急激に増えてきたらしい)。

 

Q.他に日本人はいるか

A.非常に少なく、会計修士課程では私のみ。

 

Q.周囲のバックグラウンド

A.学部卒業からそのまま入学のパターンが多い印象。経理の仕事をしていた人ももちろんいる。

 

Q.学習負荷について

A.非常に高い。範囲が広いうえ、期末試験の準備期間はほぼないため、毎日の予習復習は必須。また、期中に各科目ごと3,000ワードほどの小論文の提出が求められる。関連する論文を読み込まなければ合格水準には届かない。

 

Q.入ってみた感想

A.単なる知識だけではなく、より本質的な理解(理論背景、会計数値以外の影響、実務と理論の関係性)を得ることができるため、思考力を高める良い機会となりそう。

 

Q.卒業生の主だった進路

A.やはり人気は英国勅許会計士。KPMG, Deloitte, PwC, EYといった四大会計事務所(Big 4)。他は銀行とか金融も多い。

 

Q.欧米での評価

A.会計の分野は、まずは経験・資格(会計監査・税務は独占業務)が優先の世界なので、会計修士であるだけでいきなり高度な仕事につくのは難しい。ただバイリンガルや修士優遇の求人は多いため、差別化のための強力な武器となる。

 

ということでした。海外大学受験となると自分で行動することが大前提になりますが、学びたいことが明確で強い意志があれば是非志望してほしいと思います。

 

 

2018.11.05

押久保政樹

小論文について

当校では各ビジネススクールの10年分は過去問を所有しています。
各校の試験問題を読んで思うのは「良い問題だな」ということです。読み物として面白い。
人事制度の見直し、デジタルマーケティング活用、企業の社会的責任 etc
取り上げられるテーマは昨今のダウントレンドを反映しており、現在の日本企業が感じている問題意識と直結している。
どれも現状維持ではなく”いかに変わっていくか”に主眼が置かれています。求められているのは低成長下での経営戦略、いや、そんな生温いものではなく生存戦略です。
更にトップスクールになると下記のような特徴があります。

 

一橋…問題文が長く論文的。経営に限らず社会問題全般がテーマ。視野の広さを見ている印象。
慶應…経営学の王道を行く問題が中心。テーマがオーソドックスなので論理的に“正解”が導ける。
早稲田…問題文が短く論述の自由度が高い。経営者(トップ)視点でどのように考えるかを見ている印象。

 

トップスクールは別にお勉強ができる人間を求めている訳ではありません。
泥臭くても自分で考え、自分で問題を解決しようというビジネスマンが求められているのです。
その心構えを入試段階で見られているし、必然小論文でも同じことが問われます。
20世紀の米国企業で、長引く業績低迷からの脱出を主導したのがビジネススクール出身者だったことを考えると、日本でも同様の流れが起こることを期待します。

2018.10.16

押久保政樹

MBA面接について

秋入試の時期になりましたね。
面接内容について尋ねられることが多いのですが、MBA面接だからといって特段変わった質問が飛ぶということはありません。
その一方で、面接官はそれぞれの研究計画書を見ながら質問してくるため万人に決まった質問というものもありません。
受験生に常日頃から考える習慣があるかどうかを確かめるものがほとんどです。
正誤があるものではないため、コールアンドレスポンスになっているか否かを念頭に本番に臨んでほしいと思います。
面接者の質問意図は3つに大別できます。

 

①論理力を問うもの
特定企業をケースに挙げ、その成功失敗要因を分析させます。
ここでは筋道が通ったシナリオを話すことが求められます。

 

②知識を問うもの
研究テーマに関連したトピックについて下調べしてあるか確認されます。
ここではニュースや関連書籍、先行研究について話すことが求められます。
一番対策しようがあるものですし、入学後実際に研究を進めるうえでの準備になるので調べすぎるということはありません。

 

③意欲を問うもの
基本的にMBAはハードワークが求められます。
ここではその心構えが出来ているのかを確認されます。
やる気がない人が肩書き目当てで受験し、万一MBAホルダーになったところで大成することもないので、素直に心情を話して結果を待つのが良いと思います。

 

何にしろ折角の考えも言葉にして伝えないことには面接官も評価しようがありません。
人によって話上手、口下手はあるものなので当校では生徒が自信を持って面接に臨めるように模擬面接を重ねていきます。

1 / 212