BLOG

2020.07.16

濱口 健宏

自分史上最高の実現に向けて

当社の運営会社である日建産業株式会社では、毎年2回社内報を発刊しています。今年夏に発刊される社内報の冒頭挨拶が、このサイトに来てくれた皆さんにも役に立つかなと思い、記載いたします。

 

【自分史上最高の実現に向けて】

 

前回の社内報では”令和”という言葉の意義~人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ~について記しました。人々の分断が進んでいく事に対しての懸念、その懸念に対する警鐘として”令和”という言葉が出現したのではないか?という問いかけでした。

 

そして、新型コロナ発生を経て半年後の今です。世界的な危機は今も続いています。美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つどころか、感染を恐れて人々は互いに警戒し合い、世界における人々の往来は激減しています。人は人と共存するだけではなく、人はウイルスとも共存していくのだという人も多く、それを認めざるを得ない状態です。いったい、これからどんな文化が生まれ育っていくというのでしょうか。そう考えれば、令和という言葉に凄みすら感じてしまいます。

 

この数か月、人に迷惑をかけられないように、そして人に迷惑をかけないように、自粛が続きました。これからも続くのでしょう。自粛の文化が緩み始めると、今度は自衛の文化が生まれつつあります。自分のことは自分でまもる。これも認めざるを得ない状態です。

 

先日の経営発表会では、”自分史上最高の実現に向けて”という題目で経営方針を示しました。そうしないと会社は生き残れない、勝ち残れないぞと。挑戦する者にとってはチャンスであるし、挑戦を受ける者にとってはピンチだとも。そして今、私達の生活はウイルスからの挑戦を受けています。大ピンチです。いっぽう、皆さんひとりひとりの日々の生活に目を転じれば、この大ピンチは”自分史上最高で行動しないと、生命体として生き残れない”かもしれない。ワクチンが確立されていないウイルスは、誰がひょいと除去してくれるわけではありませんから。

 

私達の日々の生活は、経済との結びつきを抜きにして考えられません。そうなれば、“自分史上最高で行動しないと、経済(を構成する職場)での居場所はなくなってしまう“そう遅くない時期に、社会はそんな変化を迎えるのでしょう。私は、10年前の経営発表会で”厳しくもやさしい、企業の理想像を目指す”と述べました。日建産業は皆さんひとりひとりの課題に寄り添い、課題の解決に向けて出来る限りのサポートをしていきたいと考えています。未開拓のまま放置している自分自身のアップデートを、Nワーク(日建式働き方改革の意)を始めとする新しい解決方法で進めていきます。

 

自分を一生懸命に考えるとは世界を真剣に考えるという事だ。

 

分断の文化が生まれつつある今の世の中だからこそ、周囲と自分はどうつながっているのかを意識して、日々過ごしていかねばならない。そう強く感じています。

 

以上

2019.12.09

NIKKEN MBA Lab.

お問い合わせについて

多くのご連絡を頂いております。現在、皆様のお問い合わせに対して個別に対応させて頂いておりますので、「お問い合わせフォーム」(ページ下右側」)よりご連絡下さい。
また志望校も全く決まっていない受講お問い合わせが非常に多くあります。各校の入試要項をお読みになり、少なくとも今現在での志望校・受験スケジュールは決定してお問い合わせ下さい。
特に入試日程、プログラム内容については各大学の正式発表をご覧ください。予備校に尋ねることではありません。

どの学校が自分に向いているか尋ねられることがあるのですが、学校側が提供する説明会に参加することが基本です。
大学院というのは研究したいテーマがあって通うところです。受けたい授業、師事したい教授、そうしたところを調べて当人が決めなければいけません。それは本人にしか分かりません。
大学受験のように偏差値順に受けるというものでは無い点にご留意ください。

2019.06.03

NIKKEN MBA Lab.

小論文参考書 発売のお知らせ

『国内MBA入試対策 小論文対策の論点 ~小論文を構想する~ 長文・グラフ・会計問題の視点から』が発売となりました。
各種実例を基に回答する際に意識すべきポイントをまとめています。
受験生各位におかれては是非お求めください。

2019.02.04

NIKKEN MBA Lab.

研究計画書の書き方について

MBA受験の参考書を読んでいると、研究計画書の書き方と銘打って文章術指導に終始するものが多々あります。
どうにもマスプロダクツ的な発想だなと思います。
これは受験生側の意識の問題もあって、分かり易くノウハウ本的な内容を求めているのだと思います。
残念ですが、まずそうしたアプローチでは合格する研究計画書は書けません。

 

そもそも大学院に入学してまで研究をしたいのだから一に二にも中身ありきでしょう。
ということで研究計画書は何よりもテーマ設定が大事になりますし、志望動機〜研究内容〜将来計画の一貫性が重要になります。
研究テーマの新奇性、研究手法の良否については個別に見ていくしかありませんし、その妥当性を測れるのは大学院レベルの研究者しかいません。
そうした教育者の下で個別で指導を受けるのが確実な対策だと考えます。

 

最後に宣伝になってしまいますが当社の書籍を紹介いたします。
どのような水準の研究計画が求められているのか、テーマ設定に際しての考え方を実態に即して記載してあります。
単に文章の体裁を整えたいということであれば本多勝一(2015)「日本語の作文技術」がお勧めです。

 

2018.11.05

NIKKEN MBA Lab.

小論文について

当校では各ビジネススクールの10年分は過去問を所有しています。
各校の試験問題を読んで思うのは「良い問題だな」ということです。読み物として面白い。
人事制度の見直し、デジタルマーケティング活用、企業の社会的責任 etc
取り上げられるテーマは昨今のダウントレンドを反映しており、現在の日本企業が感じている問題意識と直結している。
どれも現状維持ではなく”いかに変わっていくか”に主眼が置かれています。求められているのは低成長下での経営戦略、いや、そんな生温いものではなく生存戦略です。
更にトップスクールになると下記のような特徴があります。

 

一橋…問題文が長く論文的。経営に限らず社会問題全般がテーマ。視野の広さを見ている印象。
慶應…経営学の王道を行く問題が中心。テーマがオーソドックスなので論理的に“正解”が導ける。
早稲田…問題文が短く論述の自由度が高い。経営者(トップ)視点でどのように考えるかを見ている印象。

 

トップスクールは別にお勉強ができる人間を求めている訳ではありません。
泥臭くても自分で考え、自分で問題を解決しようというビジネスマンが求められているのです。
その心構えを入試段階で見られているし、必然小論文でも同じことが問われます。
20世紀の米国企業で、長引く業績低迷からの脱出を主導したのがビジネススクール出身者だったことを考えると、日本でも同様の流れが起こることを期待します。