2018.09.27

押久保政樹

経営

横の繋がりの重要性

最近、若年層の間で退職代行サービスが流行っているという話を聞いて関心すると同時に思うところがありました。
そもそも憲法では「職業選択の自由」が謳われています。誰にも止める権利などあるわけがない。
「上司に切り出しにくい」といった心理的コストが高いのだと思いますが、対面が無理ならば書面で送りつければ良いでしょう。
辞意を示すのはメールでも電話でも良いですが悪質な相手だと受領した事実を否認することもあり得るので、内容証明と配達証明を利用すれば証拠能力としては十二分な訳です。
そうした当たり前のアドバイスが受けられない。つまり若年層の周りに相談相手がいない訳です。

 

別の話になりますが、起業したいという若者も大勢見ました。実現の仕方が分からないという悩みも聞きました。
起業するためには資金は絶対条件ではありません。条件を満たせば各種助成金の制度を利用することも出来ます。
登記しようと思えば法務局に通えば無料で色々教えてくれます。定款にしても0から書く必要はなくて、インターネットで検索すればフォーマットが転がっています。
最近は住所登録できるコワーキングスペースも増えています。大掛かりな事務所を構えるハードルも無い。
どれも煩雑ですが一度経験すれば分かることです。経験者と情報交換することが手っ取り早い。

 

適切な情報にアクセスするにはチャネルが必要です。
そもそも当校の場合、志を持った学生が集まってくるのですから横の繋がりを増やす機会として捉え、積極的に利用して頂きたいと思います。

一覧へ戻る