2020.07.16

濱口 健宏

代表者ブログ

自分史上最高の実現に向けて

当社の運営会社である日建産業株式会社では、毎年2回社内報を発刊しています。今年夏に発刊される社内報の冒頭挨拶が、このサイトに来てくれた皆さんにも役に立つかなと思い、記載いたします。

 

【自分史上最高の実現に向けて】

 

前回の社内報では”令和”という言葉の意義~人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ~について記しました。人々の分断が進んでいく事に対しての懸念、その懸念に対する警鐘として”令和”という言葉が出現したのではないか?という問いかけでした。

 

そして、新型コロナ発生を経て半年後の今です。世界的な危機は今も続いています。美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つどころか、感染を恐れて人々は互いに警戒し合い、世界における人々の往来は激減しています。人は人と共存するだけではなく、人はウイルスとも共存していくのだという人も多く、それを認めざるを得ない状態です。いったい、これからどんな文化が生まれ育っていくというのでしょうか。そう考えれば、令和という言葉に凄みすら感じてしまいます。

 

この数か月、人に迷惑をかけられないように、そして人に迷惑をかけないように、自粛が続きました。これからも続くのでしょう。自粛の文化が緩み始めると、今度は自衛の文化が生まれつつあります。自分のことは自分でまもる。これも認めざるを得ない状態です。

 

先日の経営発表会では、”自分史上最高の実現に向けて”という題目で経営方針を示しました。そうしないと会社は生き残れない、勝ち残れないぞと。挑戦する者にとってはチャンスであるし、挑戦を受ける者にとってはピンチだとも。そして今、私達の生活はウイルスからの挑戦を受けています。大ピンチです。いっぽう、皆さんひとりひとりの日々の生活に目を転じれば、この大ピンチは”自分史上最高で行動しないと、生命体として生き残れない”かもしれない。ワクチンが確立されていないウイルスは、誰がひょいと除去してくれるわけではありませんから。

 

私達の日々の生活は、経済との結びつきを抜きにして考えられません。そうなれば、“自分史上最高で行動しないと、経済(を構成する職場)での居場所はなくなってしまう“そう遅くない時期に、社会はそんな変化を迎えるのでしょう。私は、10年前の経営発表会で”厳しくもやさしい、企業の理想像を目指す”と述べました。日建産業は皆さんひとりひとりの課題に寄り添い、課題の解決に向けて出来る限りのサポートをしていきたいと考えています。未開拓のまま放置している自分自身のアップデートを、Nワーク(日建式働き方改革の意)を始めとする新しい解決方法で進めていきます。

 

自分を一生懸命に考えるとは世界を真剣に考えるという事だ。

 

分断の文化が生まれつつある今の世の中だからこそ、周囲と自分はどうつながっているのかを意識して、日々過ごしていかねばならない。そう強く感じています。

 

以上

一覧へ戻る