Case59

厳しい現実に向き合いながらも「前に進む勇気」をもらえた

立教大学大学院ビジネスデザイン研究科合格

■MBAを志した理由 私はこれまでのキャリアで「デジタル領域」のスペシャリストを目指し、専門性を高めることに注力してきましたが企業のデジタル化(DX)が経営のジェネラルな課題となり、これまで培ってきた

Case58

他の受講生と共に行うオンラインゼミで多くの刺激をもらいました

慶應義塾大学大学院経営管理研究科EMBA合格

■MBA取得とNIKKEN MBA lab.選定の理由 私がMBA取得を希望した理由は、現在自身の業務として意思決定を行う機会が多い中で、様々なシナリオを想定したうえで最適な意思決定を行い実行できてい

Case57

講師陣へ高い信頼をおける

早稲田大学大学院経営管理研究科(夜間主総合)合格

【NIKKEN MBA Lab.を選んだ理由】 初めてHPを通して、NIKKEN MBA Labを知りました。 入校の最大の決め手は、HP内の卒業生の声でした。ここから、卒業生の講師陣に対する厚い信頼

Case56

一人一人の特性・キャリア・目標に合わせたきめ細やかな指導

一橋大学大学院(経営管理プログラム)合格

この度、一橋大学大学院経営管理プログラムを受験し、合格することができました。ここまで熱心かつ丁寧にご指導いただきました波田野先生に心より感謝申し上げますとともに、本合格体験記が今後MBAを受験される方

Case55

一切妥協がない指導で「自らの力で考える」ことの大切さに気付いた

慶應義塾大学大学院経営管理研究科合格

■NIKKEN MBA lab.を選んだ理由 予備校を選ぶにあたって、いくつか資料を取り寄せ・訪問し、見比べたところ、NIKKEN MBA lab.が①研究計画書の添削・面接対策が無制限である、②個人

Case54

厳しい指導とフィードバック

一橋大学大学院(経営分析プログラム)合格

①NIKKEN MBA LAB.を選んだきっかけ 受験を決めた際に、まずはどの予備校を選ぶか悩みました。インターネットで調べた結果、NIKKEN MBA LAB.・河合塾KALS・アガルートアカデミー

合格実績

難易度の高い筑波大学大学院ビジネス科学研究科ビジネス科学専攻」と
「一橋大学大学院国際企業戦略研究科 金融戦略・経営財務コース」に合格実績有り

2020年
22名受験して14名合格
関西学院大学大学院経営戦略研究科
1名受験して1名合格
一橋大学大学院経営管理研究科(経営分析プログラム)
1名受験して1名合格
一橋大学大学院経営管理研究科(経営管理プログラム)
5名受験して2名合格
東京都立大学大学院経営学研究科
1名受験して1名合格
慶應義塾大学大学院経営管理研究科一般入試
3名受験して2名合格
慶應義塾大学大学院経営管理研究科EMBA(B方式)
2名受験して1名合格
早稲田大学大学院経営管理研究科(夜間主総合)
2名受験して1名合格
早稲田大学大学院経営管理研究科(プロフェッショナル)
1名受験して0名合格
筑波大学大学院ビジネス科学研究科
1名受験して1名合格
筑波大学大学院ビジネス科学研究科国際経営プロフェッショナル専攻
2名受験して2名合格
京都大学大学院経営管理研究科
1名受験して1名合格
青山学院大学大学院国際マネジメント研究科
1名受験して0名合格
立教大学大学院ビジネスデザイン研究科
1名受験して1名合格